患者向けページ|高血圧・糖尿病のアプリならWelbyマイカルテ

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス

一般ユーザー向けページ

高血圧や糖尿病、生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

高血圧、糖尿病の自己管理の不安

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス

2017/07/31 フィットネス用リストバンド「fitbit」との連携を開始しました。
2017/05/15 iOS版が「Apple Watch」との連携を開始しました。
2017/02/28 iOS版、Android版が「OMRON Connect」との連携を開始しました。

あなたをサポートする
「つながる自己管理ノート」

高血圧、糖尿病の自己管理の不安
  • 自己管理が続かない
  • 忙しい
  • 食事管理が大変
  • 血糖値コントロールができているかわからない
  • 体重管理ができない
  • 毎日を楽しく過ごせない
  • 眠れない
  • 生活改善をしたいけどなかなかできない
高血圧・糖尿病アプリWelbyマイカルテを活用しましょう
高血圧・糖尿病の生活習慣の改善が簡単、らくらくつづく
「かんたん」に「らく」に記録できます。
応援やアドバイスでモチベーションが続きます。
医師、管理栄養士に診てもらえて安心
先生にも記録をわかりやすく見てもらえます。
管理栄養士さんとの食事指導もスムーズです。
クラウドだからデータが消えず安全
クラウドに記録が保管されているので、記録をなくすことなく管理できます。

Welby マイカルテとは

スマートフォンアプリでかんたん、らくらく記録。自己測定機器やサービスと自動連携。先生からの応援やアドバイス。一覧やグラフをアプリで、印刷して確認できる。

Welby マイカルテでできること

記録する

Welby マイカルテで記録できること

血圧、血糖値、体重、食事、運動、くすり、行動目標、検査値、血管年齢
食事、運動、くすり、行動目標、検査値、血管年齢

確認する、変化がわかる

グラフで、一覧で / アプリ画面で、印刷して

高血圧・糖尿病の記録が表やグラフで振り返ることができる
さらに便利でやる気が続く「つながる」機能

測定機器とつながる

家庭用測定器と自動連携
各サービスと連携

家庭用測定機器 ▶詳しくはこちら
血糖測定器
アークレイ㈱・㈱三和化学研究所、テルモ㈱
血圧計
オムロンヘルスケア㈱、㈱エー・アンド・デイ、テルモ㈱
体組成計
㈱エー・アンド・デイ、テルモ㈱
活動量計・ウェアラブル
テルモ㈱、㈱エー・アンド・デイ、Apple Inc.
各サービス
スマホ内蔵活動量計
[Google Fit / Google] [ヘルスケア / Apple]
血糖管理アプリ
[eSMBG / アークレイ㈱]
ヘルスケアアプリ・サービス
[ヘルスプラネット] [からだカルテ / ㈱タニタヘルスリンク]
[OMRON connect / オムロンヘルスケア㈱][fitbit / fitbit]

医療機関とつながる

医療機関を登録するとあなたの自己管理記録を主治医の先生に共有できます

自分の自己管理記録を医療者や家族に共有することで、やる気が続きます。「Welbyマイカルテを利用していただいている医療機関」からアドバイスや応援をもらうことも可能です。
(医療機関により、Welbyマイカルテを利用されるかどうかは異なります。あくまでコミュニケーションの補助としての機能で、アドバイスや応援を保証するサービスではありません。)

医療者や家族に自己管理記録を共有してがんばれる!つづけられる!

登録方法

Step1

iPhoneの方
高血圧・糖尿病のアプリWelbyマイカルテiOS
Androidの方
高血圧・糖尿病のアプリWelbyマイカルテAndorid
PC・スマホ・タブレットブラウザの方
新規会員登録

アクセス方法が分からない場合お電話ください(受付時間:平日 10:00〜17:30)

0120-095-655

Step2

Welby ID に新規ユーザー登録(すでに Welby IDをお持ちの方はStep3へ)

ひとつの「Welby ID」で「Welby マイカルテ」以外のさまざまなサービスもご利用いただけます。

Step3

「Welbyマイカルテ」にログインして、基本情報(身長、体重など)を登録(約3分

医療機関とつながりましょう

「Welbyマイカルテを利用していただいている医療機関」から提供される
「情報開示先ID」で医療機関登録すると、
あなたの自己管理記録を主治医の先生に共有できます。
また、医療機関からのお知らせ等が表示されますので。より便利になります。

情報開示先IDを登録せず、個人の自己管理ツールとしてご利用いただくことも可能です。
医療機関によっては、情報開示先IDを持たずにツールの利用のみをお勧めいただいている医療機関もございます。
詳しくはパンフレットを設置している医療機関の主治医の先生にご確認ください。